• 自己破産後にカードローンでお金を借りることはできるのか?
  • 自己破産後にカードローンを借りるために絶対に守るべき条件とは?
  • 自己破産をしてから何年経過すればカードローンの審査に通るのか?
  • 過去に自己破産したことがある人におすすめのカードローン会社はどこ?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では自己破産後のカードローンについて詳しく説明していきます。

1.自己破産後でもカードローンでお金を借りることはできるのか?

一般的には自己破産をするとお金を借りることができなくなると言われています。

しかし、自己破産後一生お金を借りることができなくなるわけではありません。

いくつかの条件をクリアすれば、再びカードローンを利用することもできるんです。

なので、自己破産後にお金に困ったからと言って、闇金業者に手を出すのだけは絶対にやめましょう。

違法な金利で返済不能状態に陥りやすいですし、強引な手段で取り立てを行ってくることもあります。

闇金に手を出したら最後、ずっと苦しめられることになります。

・自己破産した記録は何年残るのか?

自己破産後にカードローンの審査を通すときに大事なのが「信用情報機関に自己破産した記録が残っているかどうか」という点です。

信用情報機関に記録されている自己破産の情報は、事故情報と言われており、事故情報が載っている間はカードローンの審査には落ちてしまいます。

ただ信用情報機関に事故情報はずっと載っているわけではありません。

掲載期間が決まっており、一定の期間が過ぎれば、事故情報は消えることになっているんです。

つまり、事故情報が消えた後にカードローンに申し込めば、自己破産をしたことが分からなくなるので、審査に通る可能性が出てくるというわけです。

 

信用情報機関は3つあり、それぞれで自己破産の情報の記録期間が異なります。

信用情報機関 自己破産の掲載期間
CIC 5年
JICC 5年
KSC 10年

自己破産してから5~10年経過すれば、カードローンの審査に通る可能性が出てきます。

逆に自己破産後5年未満だと、カードローンでお金を借りるのはあきらめたほうがいいです。

「信用情報機関の情報をチェック」

信用情報機関に登録された自己破産の記録期間は、自己破産の免責を受けた翌月からカウントが始まります。

自己破産の免責が認められた日を正確に覚えている場合は、そこから計算することができます。

 

しかし、いつ自己破産をしたのか記憶があいまいという場合もあるかと思います。

そんな場合には、信用情報機関にどんな情報が載っているのか確認することをおすすめします。

郵送での開示手続きもありますが、今ではPCやスマホで情報をチェックすることもできます。

その時には開示手数料として1000円ほどかかります。

信用情報の情報開示の手続きの詳しいやり方についてはこちらから

自己破産の情報が消えてすぐにカードローンに申し込む場合には、自己破産の情報がまだ消えていない可能性もあります。

自己破産後にカードローンに申し込む場合には、無駄な申し込みを防ぐために一度確認しておいた方が安心です。

2.自己破産後のカードローン会社の選ぶときに絶対に守りたい大切なポイント!

自己破産後にカードローンでお金を借りたい場合には、どこに申し込みをするのかというのが大事です。

中には自己破産後には絶対に審査に通らないところや審査通過のハードルが非常に高いところもあります。

そういったカードローン会社を選ぶと、時間と労力の無駄になってしまいます。

そんな失敗をしないためにもカードローン会社を選ぶときには以下のポイントを守りましょう。

・銀行カードローンではなく消費者金融カードローンを選ぶ

自己破産後にカードローンを申し込むときには、銀行ではなく消費者金融のカードローンに申し込むことをおすすめします。

消費者金融カードローンをお勧めする理由の1つが自己破産後5年経過すれば借りられるようになるという点です。

信用情報機関によって自己破産の情報が記録されている期間が異なりますが、CICとJICCは5年で消えることになっています。

消費者金融カードローンの場合は「CIC」と「JICC」のみの加盟していることが多いです。

つまり、5年経てば自己破産をしたことが分からなくなるので、審査に通る可能性が十分にあるということです。

「CICとJICCのみに加入しているカードローン会社」

  • アコム
  • プロミス
  • アイフル
  • SMBCモビット

それに対して銀行カードローンの場合、KSCに加入しているので10年間は借りることができません。

自己破産をしてから5~10年の間は、消費者金融カードローンに申し込むことをおすすめします。

「銀行カードローンの審査は厳しい」

銀行の中にはKSCに情報を問い合わせるだけでなく、官報をチェックするところも多いです。

官報にはずっと記録が残っているので、ずっと過去に自己破産をした人を調べることができてしまうんです。

そのため銀行のカードローンの審査をクリアするのは非常にハードルが高くなっています。

とはいえ、10年経ってKSCから自己破産したことが消えれば、審査に通る銀行も一応あります。

銀行で消費者金融と比べてお金を借りるのはかなりハードルが高いと思っておいた方がいいです。

・自己破産で借金を帳消しにしたカードローン会社の審査は通らない

仮に信用情報機関から自己破産した情報が完全に消えていたとしても、絶対に審査に通らないカードローン会社があります。

それは自己破産で借金を帳消しにしたカードローン会社です。

例えば、自己破産でプロミスの借金をチャラにした場合には、プロミスの審査には通らないということです。

これは信用情報機関とは別に、カードローン会社が自社で管理している情報に過去自己破産をした人を記録しているからです。

要は過去に損害を与えた顧客には二度とお金を貸さないということです。

自社の情報に関しては、削除期間が決まっているわけではなく、永久的に保存されることになります。

このことを社内ブラックと言います。

社内ブラックになってしまったカードローン会社については、申し込んでも審査に通らないので、申し込まないようにしましょう。

・借入希望金額は少額にする

できれば最初は10万円以下の少額を希望することをおすすめします。

実は信用情報機関から自己破産の情報が消えていたとしても、カードローン会社は信用情報機関の情報から過去に自己破産などの債務整理をしたかどうかを推測することができます。

自己破産をすると、ローンやクレジットカードを利用できなくなるので、信用情報機関にほとんど情報が載っていない状態になります。

このことをスーパーホワイトというのですが、信用情報がきれいすぎるのも怪しいわけです。

現代で普通に生きていれば、クレジットカードやローンを組んだりすることは一般的です。

その形跡が見られないようであれば、過去に債務整理をした可能性が高くなるわけです。

特に30代を超えてもスーパーホワイトの状態だと、結構怪しまれます。

 

カードローン会社は怪しい人がいきなり高額融資を希望してくると審査が慎重になります。

まずは10万円以下の少額で申し込んでから、あとから増額の申し込みをしたほうがいいです。

借入や返済を積み重ねることで信用も高まるので、増額の申請を受け付けてもらいやすくなります。

自己破産後初めてお金を借りる場合には、少額で申し込むようにしましょう。

3.自己破産した経験がある人におすすめのカードローン

過去に自己破産したことがある人は、アコムがおすすめです。

アコムは、過去の信用情報よりも、これからの状態を重視している業者と言われています。

自己破産した当時よりも年収が上がった、勤続年数が伸びた、転職して大手企業に勤めているなど属性がよくなったことを重視してくれるというわけです。

現在の状況でしっかりと返済が可能なのかどうかをチェックしているというわけです。

口コミを見ていると、過去に自己破産した人でもアコムなら審査に通ったという人は結構います。

自己破産でアコムの借入を帳消しにしたり、自己破産をしてから5年経っていない場合には、審査に通るのは難しいです。

こういった条件をクリアしているならば、アコムに申し込むことをおすすめします。