• 個人自供主や自営業におすすめのカードローン会社はどこ?
  • 個人事業主や自営業の人がカードローンでお金を借りる方法とは?
  • カードローンの審査で個人事業主や自営業の人は収入証明書で何を提出すればいいのか?
  • 個人事業主や自営業の人がカードローンを利用するときの注意点とは?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では個人事業主や自営業の人のカードローンについて詳しく説明していきます。

1.個人事業主や自営業者がお金を借りるとしたらどこがあるのか?

個人事業主や自営業者がお金を借りるときには、いくつかの借入先の候補があると思います。

例えば

  • 日本政策金融公庫
  • 中小企業制度融資
  • 銀行・信用金庫からの融資
  • カードローン

などが色々な選択肢があります。

選択肢はあるのですが、公的融資や銀行・信用金庫からの融資は、審査が厳しく実質的に借りることができないことが多いです。

申し込みにあたっても、様々な書類を用意しなければならず大変ですし、審査が完了するまで1か月以上かかる場合もあります。

すぐにお金が必要という場合には、間に合いません。

緊急的にお金が必要という場合には、カードローンでお金を借りる方が、お金を借りられる可能性が高いです。

基本的のカードローンは、保証人・担保が不要なので、誰かに迷惑をかける心配もありません。

・カードローンは借りやすいがデメリットも

カードローンは公的融資や銀行の融資と比べれば、審査に通る可能性が高く、お金が借りやすいという特徴があります。

しかし、その半面、金利が高いというデメリットがあります。

金利の高さは、返済期間が延びたり、借入金額が増えたりすると、大きな影響を及ぼしてきます。

カードローンで一時的に資金難を乗り越えることができたとしても、その後の経営に支障が出てしまっては問題です。

あくまでカードローンは短期間で返済するめどが立っている場合に、利用するようにしましょう。

長期間の返済プランは立てないほうがいいですよ。

2.自営業や個人事業主がカードローンの審査に通るためのポイント!

・お金を借りる目的が「個人用」と「事業用」かで変わってくる

自営業や個人事業主の人がカードローンでお金を借りるとき、お金の使用目的が「個人用」なのか「事業用」なのかで選ぶべきカードローン会社が変わってきます。

個人用であれば、一般的なフリーローンのカードローンを利用すれば大丈夫です。

事業用の場合は、フリーローンのカードローンよりも、ビジネス用のカードローンに申し込むことをお勧めします。

ビジネス用カードローンであれば、総量規制の対象外となるので、年収に関係なしに大きなお金を借りることができます。

フリーローンだと借入金額が個人の収入に左右されてしまうので、大きな金額を借りにくいです。

例えば、年商5000万円のビジネスをしていても、あなたの年収が300万円の場合、総量規制に引っかかり100万円までしか借りることができません。

節税のためのわざと年収を減らしていることもありますが、そういった場合だとあまりお金が借りることができません。

ビジネス用カードローンであれば、あなたの年収に関係がないので、200万円でも、300万円でも借りることは可能です。

「個人事業主や自営業だと銀行カードローンの利用は難しい」

銀行の方が知名度があり、安心できるからということで、金利の安い銀行カードローンに申し込もうか考えているという人もいるかと思います。

しかし、銀行カードローンは事業資金には使うことができません。

資金の使途では基本的に自由になっているのですが「事業資金を除く」という但し書きがされています。

個人事業主や自営業の場合、生活費と事業資金を明確に分けていないという人も多いと思います。

そのためカードローンで借りたお金をいつの間にか事業資金にも使っているという事態が発生しやすいです。

そういった懸念があるため表向きでは自営業者の申し込みを拒否していませんが、審査に通すのは難しいです。

また銀行カードローンは審査が厳しくなっているので、収入が不安定な個人事業主や自営業の人はそもそも借りにくいというのが現状です。

審査に通りたいのであれば、銀行カードローンは避け、消費者金融カードローンやビジネス用カードローンを申し込むことをお勧めします。

・借入希望金額は必要最低限の金額にする

事業にゆとりを持たせるために多めにお金を借りておこうとする人もいます。

しかし、審査に通すことを狙うのであれば、借入希望金額は必要最低限の金額にしたほうがいいです。

借入金額が多くなれば、カードローン会社としては、貸し倒れのリスクが高まります。

ただでさえ自営業や個人事業主は不安定な収入だとみなされやすいのに、高額な借入金額を希望すると、審査に通らない可能性が高くなるのです。

10万円と200万円どちらの金額のお金を貸す方が審査が厳しくなるかを考えれば分かると思います。

「ビジネス的にも高額な借り入れは危険性が高い」

ビジネス的に現金を持っていることで、キャッシュフローが回り、ビジネスを展開させやすくなります。

金利の安い日本政策金融公庫や銀行からの融資であれば、多めに借りるのも選択肢の一つです。

しかし、カードローンの場合は、金利が高いので多めに借りると利息の支払いがきつくなります。

経営を圧迫する要因にもなるので、必要以上のお金は借りないようにしたほうがいいです。

3.自営業や個人事業主におすすめのカードローン会社!

・個人用のお金を借りるなら消費者金融カードローン

・事業用のお金を借りるならビジネス用カードローン

4.自営業や個人事業主とサラリーマンのカードローンの審査の違いや注意点

・必要な書類が異なる

カードローンに申し込む場合、必要となる書類は「本人確認書類」と「収入証明書類」の2つとなっています。

普通のサラリーマンがカードローンに申し込む場合、本人確認書類は必ず提出する必要があります。

しかし、収入証明書類は

  • 1社での借り入れが50万円を超える場合
  • 他社との借入合計金額が100万円を超える場合

この2つの場合のみ収入証明書の提出を求められます。

逆に言えば、他社で借金をしておらず50万円以下の借入なら収入証明書なしでカードローンに申し込むことができます。

しかし、自営業や個人事業主の場合は、1社での借り入れが50万円を超えない場合でも、収入証明書の提出が求められる場合があります。

5万円や10万円などの少額であれば、収入証明書なしでも手続きができる可能性はありますが。

「自営業や個人事業主の場合に使える収入証明書類」

収入証明書は会社員であれば源泉徴収票や給与明細書で大丈夫なのですが、自営業や個人事業主の場合は公的な書類が必要となります。

  • 確定申告書
  • 税額通知書
  • 所得証明書

のいずれかの提出となることが多いです。

ちなみに起業1年未満で確定申告書などを用意できない場合には、申し込むことができないというのが現状です。

また本人確認書類と収入証明書の他にも「事業実態を疎明する書類」の提出を求められる場合もあります。

例えば、営業許可証や受注書、発注書、納品書、請求書、領収書、報酬明細に類する書類など

このように自営業や個人事業主の場合は、カードローンの審査で提出しなければいけない書類が増えることが多いです。

スムーズに手続きを済ませたいなら、あらかじめ手元に用意しておくといいですよ。

・在籍確認の方法が異なる

カードローンの審査では、勤務先が正しいかどうかを調べるために在籍確認の電話を行います。

会社に勤めていれば会社の電話にかかってくるのですが、自営業や個人事業主の場合は、自宅の電話番号が会社の電話番号になります。

その場合には、自宅に在籍確認の電話がかかってくることになります。

自宅で自分で電話に出ることが難しい場合には、家族に在籍確認の電話が来ることを伝えておいた方がいいです。

もし家族に内緒でカードローンでお金を借りる場合には、在籍確認の時間帯を指定して申し込むようにしましょう。

「固定電話がないと申し込むことはできないのか?」

自宅に固定電話がなく、IP電話や携帯電話しかないという場合もあるかと思います。

しかし、固定電話がないと申し込みをできないカードローン会社もあります。

在籍確認の電話ではその固定電話の場所で働いていることを確認するという意味合いも含まれているからです。

携帯電話やIP電話だとどこで働いているのかを掴むことができませんし、簡単に番号を変えることができます。

いざとなった時に連絡がつかず貸し倒れのリスクが上がるため、在籍確認では固定電話を重要視しているカードローン会社が多いんです。

固定電話なしでも申し込むことができるカードローン会社としては「アコム」や「プロミス」があります。

プロミスの場合は、事業実態を疎明する書類の提出が求められます。