• マイナンバーカードを使ってカードローンでお金を借りることはできるのか?
  • マイナンバーカードでカードローンを利用すると家族や会社にバレるのか?
  • マイナンバーにカードローンでお金を借りた情報は残るのか?
  • カードローンの本人確認でマイナンバーを使うときの注意点とは?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事ではカードローンとマイナンバーについて詳しく説明していきます。

1.マイナンバーカードを使ってお金を借りられるカードローン会社!

カードローンの審査時には本人確認の書類を提出する必要があります。

マイナンバーカード(個人番号カード)は本人確認の書類として利用することができます。

運転免許証がなければ、マイナンバーカードを使うのもいいと思います。

ただ注意点としては、本人確認の書類として使えるのは顔写真付きの「マイナンバーカード」であって「通知カード」ではありません。

マイナンバーカードは自動的に作られるものではないので、申請して作った覚えがない場合は所有していないと思います。

マイナンバーカードが使えるカードローン会社と注意点についてまとめました。

カードローン会社 注意事項
アコム 個人番号は隠すなどして申請時に見えないようにする
アイフル 個人番号のある裏面は不要
SMBCモビット 個人番号は見えないように加工してから提出すること
プロミス 個人番号は見えないように加工してから提出すること
ノーローン 特になし
オリックス銀行 表面のみ提出
三菱UFJ銀行 現住所の記載があるもの。表面のコピーのみ必要
三井住友銀行 特になし
楽天銀行 個人番号が表示されている裏面の写しは不要

基本的に本人確認ができればいいので個人番号は不要です。

大事なのは「氏名」「住所」「生年月日」「性別」「顔写真」です。

個人番号が書かれている裏面はむやみに写真に残してアップロードするのは危険です。

カードローンの審査には必要ないので、安心してください。

2.マイナンバーはカードローンの審査に影響を与えるのか?

マイナンバーカードを本人確認の書類として提出した場合「マイナンバーの情報を見られて、審査に不利になったり、有利になったりするのか?」と不安に思うかもしれません。

しかし、上でも説明したように、本人確認の時に個人番号は不要です。

そのためマイナンバーカードを本人確認の書類として使ったからと言って、カードローンの審査に影響することはありません。

マイナンバーカードから情報を引き出すためではなく、申込者本人の情報が間違っていないかをチェックするためだけに使われるので安心してください。

3.マイナンバーから会社や家族にカードローンを利用していることがバレる?

会社や家族に内緒でカードローンを利用している場合、マイナンバーからバレてしまうのではないかと心配に思うかもしれません。

しかし、マイナンバーから会社や家族にバレることは、まずありえません。

一般的な会社や個人が、勝手にマイナンバーの情報を見ることはできないようになっています。

会社からマイナンバーの申告をするように言われたことがあるかもしれませんが、あれば会社からマイナンバーに対して情報を送るためです。

逆にマイナンバーから情報を引き出すことはできないようになっています。

そのためマイナンバーから会社や家族にバレることはないと思って大丈夫です。

4.マイナンバーにカードローンで借りた借金情報は残るのか?

マイナンバーには銀行口座などの個人資産にまつわる情報は紐づけられることが決まっています。(2018年から)

同じお金つながりでカードローンなどの借金情報もマイナンバーに今後紐づけされるかどうか不安かと思います。

今のところ借金とマイナンバーが紐づけされる予定は特にありません。

 

もちろん今後の国会での討論の結果によっては、紐づけされる可能性があります。

ただ借金の情報が紐づけされたとしても、それほど問題にはならないかと思います。

将来的に借金の情報が関係してきそうな場合としては、住宅ローンや自動車ローンなどの他のローンの時の審査への影響です。

すでに借金の情報というのは、信用情報機関に登録されています。

そのため他のローンの審査時には、どれくらい借金を抱えているのかなんて言うのはすでに丸分かりなんです。

マイナンバーと借金が結びついたからと言って、大きなデメリットがあるわけではありません。

今後どうなるかは分かりませんが、それほど心配する必要はないかと思います。