• 総量規制対象外のカードローンはどこなのか?審査に通すポイントとは?
  • 総量規制対象外のカードローンを利用するときの注意点とは?
  • 年収の3分の1を超えてお金を借りる方法とは?
  • 銀行カードローンは総量規制の対象外でお金を自由に借りられるのか?
  • 総量規制いっぱいの状態でお金を借りることはできるのか?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では総量規制対象外のカードローンについて詳しく説明していきます。

1.総量規制を超えるとどうなる?年収の3分の1以上は借りることができない?

カードローンを利用している人の中には、総量規制いっぱいまでお金を借りている人もいるかと思います。

そこまで借りていなくても、総量規制ギリギリまで借りているという人もいるでしょう。

総量規制である年収の3分の1以上借りてしまうとどうなるのでしょうか?

そもそも総量規制の対象となるのは、貸金業法が適応される消費者金融やクレジットカードのキャッシングとなります。

それで、カードローン会社は総量規制を超えて貸付を行わないようにチェックを行っています。

そのため年収の3分の1以上借りることはまずありえません。

例えば、年収が300万円ですでに80万円借りている場合、新しく別のカードローン会社からお金を借りようと思っても、20万円までしか借りることができないというわけです。

また仮に年収が下がって総量規制を超えてしまった場合には、借入限度額の減額が行われることになります。

もし総量規制である年収の3分の1を超えてお金を借りたい場合には、総量規制対象外のカードローン会社を利用する必要があります。

2.銀行カードローンは総量規制対象外!

銀行や信用金庫、信用組合などは貸金業者に該当しないので、総量規制の対象外となっています。

ちなみに銀行は貸金業法ではなく、銀行法が適応されています。

銀行法では総量規制はなく、年収による貸し付けの制限もありません。

そのため年収の3分の1を超えてお金を借りることができます。

・年収の2分の1までという自主規制

今までは銀行カードローンならば、総量規制に左右されることなく、年収の3分の1を超えた金額でも自由にお金を借りることができました。

しかし、2016年より銀行の過剰融資が問題として取り上げられるようになりました。

2016年9月16日には日本弁護士連合会が「銀行等による過剰貸付の防止を求める意見書」を取りまとめ、10月12日には内閣総理大臣、内閣府特命担当大臣(金融)、衆参両議院議長、全国銀行協会会長にその意見書を提出しました。

参考:銀行等による過剰貸付の防止を求める意見書

 

社会的に問題視されるようになったため、2017年より銀行カードローンの自主規制が始まりました。

その結果として、現在では年収の2分の1までを上限とする自主規制が行われています。

申し合わせに則した形で自行・他行カードローン及び貸金業者貸付を勘案して融資上限枠を設定している銀行は約7割(71 行)となっている。このうち、年収の2分の1を上限に設定している銀行は約8割(59 行)と最も多く、年収の3分の1を上限としている銀行も約1割(9行)あった。

引用:銀行カードローン実態調査結果について

融資上限枠の自主規制をしている銀行の約8割が年収の2分の1までと設定しているわけです。

銀行カードローンを利用した場合でも、以前ほど多額のお金を借りることは難しくなっています。

自主規制によって審査も厳しくなっているので、すでに総量規制ギリギリまでお金を借りている場合には、審査を通すのは難しいと思います。

3.借り換えやおまとめ目的の場合は専用商品がおすすめ

単純に総量規制の年収の3分の1を超えた金額のお金を借りたいときには、銀行系カードローンを利用する必要があります。

しかし、借り換えやおまとめ目的であるなら、銀行系カードローン以外にも選択肢があります。

それが借り換えやおまとめローン専用の商品に申し込むというものです。

借り換えやおまとめローン専用の商品であれば、総量規制の対象外となるので、今年収の3分の1近くまでお金を借りている状態であっても、申し込むことができます。

すでに借金をしていることは想定内なので、フリーローンの審査に比べれば審査に通る可能性は高くなります。

アイフル「かりかえMAX」「おまとめMAX」

・追加の借入はできないので注意!

借り換えやおまとめ専用の商品であれば総量規制に引っかかる恐れがあっても、審査に通る可能性は十分にあります。

しかし、借り換えやおまとめ専用の商品の場合、追加で借り入れをすることができないようになっていることが多いです。

返済専用という形になるので、借金返済という観点から見れば、確実に借金を減らすことができるというメリットがあります。

ただ何かあった時にお金を借りることはできません。

総量規制を超えるお金が必要という場合には、借り換えやおまとめ専用の商品は使えません。

借金の返済を楽にしたいという場合に、申し込むことをお勧めします。

・消費者金融系カードローンは総量規制の対象じゃないのか?

アイフルは消費者金融系カードローンで総量規制の対象となります。

しかし、総量規制には例外が存在するんです。

  • 顧客に一方的有利となる借換え
  • 緊急の医療費の貸付け
  • 社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための資金の貸付け
  • 配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け
  • 個人事業者に対する貸付け
  • 預金取扱金融機関からの貸付けを受けるまでの「つなぎ資金」に係る貸付け

引用:総量規制の除外と例外

アイフルの「かりかえMAX」や「おまとめMAX」は顧客に一方的に有利となる形でお金を貸付するので、総量規制の対象外となっているんです。

どういうことか具体的に説明していきます。

消費者金融で総量規制の対象外となる金融商品の特徴としては

  • 金利が安くなる
  • 借金の返済先が1本になる

という特徴があります。

これが顧客に一方的に有利になると判断されるため、総量規制の対象外となるわけです。

 

例えば、今まで金利18%で3社から合計140万円借りていたとします。

それが返済先が1本になれば毎月の返済が楽になりますし、金利が15%になることで支払う利息を減らすことができます。

このようにメリットしかありませんよね。

金利が安くなることで、支払う利息が減り、借金を完済しやすくなります。

あくまで総量規制というのは、貸金業者のお金の貸し過ぎを防ぐためのものです。

借金の返済が楽になるような金融商品については別ということになります。

4.年収を嘘をつけば総量規制を超えてお金を借りることはできるのか?

総量規制は年収によって借入限度額が制限されるものです。

年収が多ければその分だけ借入限度額は増え、借りられるお金も多くなります。

なので、カードローンに申し込みをするときに、年収で嘘をつけば借りられるのではないか?と思うかもしれません。

しかし、年収で嘘をついてもバレる可能性が高いです。

 

  • 1社で50万を超えるお金を借りる
  • 他社の借入を合わせた金額が100万円を超える

という場合には収入証明書の提出が求められます。

カードローンに申し込むときの年収は自己申告となりますが、あとから証明書が必要になりバレてしまうわけです。

また収入証明書の提出が必要な場合以外でも、申し込み内容に虚偽が含まれていると感じられる場合には、収入証明書の提出を求められます。

例えば、25歳サラリーマンで年収が800万円という人はめったにいないと思います。

通常よりも年収が高いので嘘をついているのではないか?と疑われて、収入証明書の提出が必要になる場合があります。

 

また審査の段階で年収に嘘をついていることが分かったら審査に落ちる程度で済みます。

しかし、嘘の年収で審査に通った後に虚偽の内容が発覚した場合には、強制解約+一括返済となります。

借りていたお金を一括返済できない場合には、裁判を起こされて強制執行で回収ということもあります。

かなり厳しい対応となるので、申し込みをするときには絶対に嘘をつかないようにしましょう。

5.総量規制によって自動車ローンや住宅ローンを組めなくなるのか?

この記事では総量規制によって年収の3分の1以上の借入ができなくなったり、銀行の自主規制により年収の2分の1以上の借入が難しくなったということを紹介しました。

もし総量規制によって、自動車ローンや住宅ローンを借りれなくなったら困ると思った人もいるかもしれません。

しかし、安心してください。

自動車ローンや住宅ローンは総量規制の対象ではありません。

・総量規制で除外される貸付

  • 不動産購入または不動産に改良のための貸付け(そのためのつなぎ融資を含む)
  • 自動車購入時の自動車担保貸付け
  • 高額療養費の貸付け
  • 有価証券担保貸付け
  • 不動産担保貸付け
  • 売却予定不動産の売却代金により返済できる貸付け
  • 手形(融通手形を除く)の割引
  • 金融商品取引業者が行う500万円超の貸付け
  • 貸金業者を債権者とする金銭貸借契約の媒介

引用:総量規制の除外と例外

自動車ローンや住宅ローンはカードローンなどでお金を借りている場合でも、年収に関係なしでお金を借りることができます。

ただ自動車ローンや住宅ローンでお金を借りるとき、カードローンでいくらお金を借りているのかというのは審査に影響してきます。

なので、あまり必要以上にお金を借りるのは控えるようにしましょう。