• 携帯・スマホ料金を滞納しているときに新規契約をすることはできるのか?
  • 携帯・スマホ料金の滞納中に機種変更を行うことは可能か?
  • 携帯・スマホ料金を滞納していても他社に乗り換えれば契約することはできるのか?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では携帯料金滞納後の契約について詳しく説明していきます。

1.携帯料金を滞納している場合でも新規契約や機種変更は可能なのか?

携帯料金を滞納していると、利用停止になったり、強制解約となったりします。

簡単に言えば、携帯料金を滞納すると携帯やスマホが使えなくなるというわけです。

携帯やスマホが使えなくなるのは結構痛いですから、何とかして使えるようにしたいと思いますよね。

携帯料金を滞納している状態で、新規契約や機種変更をすることはできるのでしょうか?

 

結論を言いますと、携帯料金を滞納中は新規契約は機種変更はできません。

これは滞納している携帯電話会社だけでなく、他の携帯電話会社でも新規契約は無理となっています。

そのため携帯料金を踏み倒して、新しい携帯やスマホを使うということはできないと思ったほうがいいです。

 

携帯電話の未払い情報というのは、「Docomo」「au」「SoftBank」の3つの携帯電話会社で共有しています。

この3社は加盟しているTCA(一般社団法人電気通信事業者協会)で情報を共有しています。

そのため滞納し続けている間は、ずっと未払いの情報が残ったままになるというわけです。

他社であっても滞納しているということは、今後契約したときに未払いになる可能性が高いと判断されます。

そのため携帯料金を滞納し続けている間は、新しく携帯やスマホが契約できないようになっているんです。

2.携帯料金滞納後に新規契約・機種変更する方法とは?

携帯料金を滞納後でも新規契約や機種変更するには、滞納した料金を完済する必要があります。

滞納している料金がなくなれば、他の人と同じように契約できるというわけです。

強制解約になる前に携帯料金を支払えば、今使っている携帯電話会社を利用し続けることができるので、機種変更も可能です。

もし強制解約となった場合でも、あとから滞納した携帯料金を支払うことで、未払い情報が削除されます。

強制解約となった携帯電話会社ではさすがに新規契約するのは難しいですが、他の携帯電話会社であれば、契約できるようになります。

・格安SIMを使えば携帯料金を滞納したままでも新規契約は可能

携帯の未払い情報を共有しているのはTCA(一般社団法人電気通信事業者協会)に加盟している「Docomo」「au」「SoftBank」となります。

昔はこの3社しかなくて困ったのですが、今は格安SIMを利用することができます。

格安SIMの会社はTCAに加盟してないので、携帯料金の未払い情報を共有していません。

そのため携帯料金を滞納したままでも、新規契約をすることができます。

格安SIMには通信速度が遅くなりやすい、サポートが不十分、自分で設定をしなければいけないなど使い勝手は悪いです。

それでも携帯料金が払えないという場合には、料金の安い格安SIMを利用するのも一つの手段です。

「滞納を続けていると最終的には裁判を起こされる」

携帯料金を滞納したままでも格安SIMなら新規契約が可能です。

しかし、だからと言って携帯料金を滞納し続けるというのはあまりお勧めしません。

というのも、最終的には裁判を起こして、強制執行による財産や給料の差し押さえという手段を使ってくるからです。

長期間滞納していると、遅延損害金も発生するので当初の滞納金よりも多くのお金を取られることになります。

結局、最終的には携帯料金を支払わされるわけですから、逃げ続けるよりもきちんと支払ったほうがいいと思いませんか?

もし手元にお金がないようであればカードローンでお金を借りるという方法もあります。

無利息期間のあるカードローンを利用すれば、短期間で完済することで安い利息でお金を借りることができます。

携帯料金を滞納しているという場合には、強制解約になる前に支払ってしまったほうがいいですよ。