• 携帯・スマホ料金を滞納するとブラックリストに載るのか?
  • 携帯・スマホ料金の滞納で住宅ローンや自動車ローンの審査に通らなくなるのか?
  • 携帯・スマホ料金を滞納するとクレジットカードが使えなくなるって本当?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では携帯料金滞納のブラックリストについて詳しく説明していきます。

1.携帯料金を滞納しているとブラックリストに載るのか?

携帯料金を滞納したとき、ブラックリストに載るかどうかと不安に思っている人は多いです。

携帯会社は「CIC」という信用情報機関に加盟しており、ブラックリストに載る可能性はあります。

ただ携帯料金の滞納の場合、ブラックリストには2種類あります。

それぞれの特徴やどれくらいの期間で登録されるのかを紹介していきます。

・携帯ブラックリスト

携帯料金を滞納すると、TCA(一般社団法人電気通信事業者協会)に加盟しているキャリア間で、未払い情報を共有することになっています。

携帯料金を滞納している間は、TCAに加盟している「Docomo」「au」「SoftBank」では新規契約や機種変更などは行うことができません。

携帯料金を真面目に払わない人とは契約を避けるのは当然ですからね。

そのため実質的に携帯やスマホが使えないという状態に追い込まれます。

ただ携帯ブラックリストの場合は、未払いを解消すれば、情報が削除されます。

しっかりと滞納を解消することで、新規契約や機種変更などができるようになるので、安心してください。

・信用情報のブラックリスト

一般的にブラックリストと呼ばれているのが、信用情報のブラックリストです。

信用情報のブラックリストの場合、携帯料金を滞納してすぐに登録されるわけではありません。

まず第一の条件として、携帯端末やスマホ本体を分割払いで支払っている途中であるということです。

すでに分割払いでの支払いを終えた、本体は一括払いで買っているという場合には、信用情報のブラックリストには載りません。

信用情報機関は、ローンやクレジットカードの支払い状況を登録する機関となっているので、ただの携帯料金の滞納では登録されることはありません。

 

第二の条件として、滞納が61日以上経過した場合です。

この場合に信用情報機関(CIC)に事故情報が登録され、ブラックリストに載ったことになります。

ブラックリストに載ると、ローンやクレジットカードの審査はほぼ通らなくなると思ったほうがいいです。

また携帯ブラックとは違って、滞納を解消しても、すぐに情報が削除されるわけではありません。

ブラックリストから消えるためには、完済から5年経過する必要があります。

24分割で払っているのが基本となりますが、最大で7年ブラックリストに載ったままになるというわけです。

2.携帯料金の滞納はローンやクレジットカードの審査にどれくらい悪影響を及ぼすのか?

信用情報のブラックリストに載ってしまうと、自動車ローンや住宅ローンなどの借入の審査は通らなくなります。

そのほかにもクレジットカードの審査が通らなくなるだけでなく、利用停止となることもあります。

そういった悪影響が出るわけですが、実はブラックリストに載らなくても、審査に悪影響を及ぼすんです。

61日以上の携帯料金の滞納で、ブラックリストに載る可能性があるわけですが、その前の滞納の時点で信用情報機関には延滞の情報が登録されることになります。

※携帯やスマホの本体を分割払いで購入している場合

信用情報機関に延滞の情報があるだけでも、ローンやクレジットカードの審査が通りにくくなるんです。

事故情報ほど悪質な情報ではないので、審査に通る可能性はありますが、審査に通りにくくなるというわけです。

ローンやクレジットカードの審査では様々な情報を見ますが、安定した職についていない、年収が少ないなど属性が弱い場合には、審査に通らない可能性が高くなります。

なので、「ブラックリストに載らないから、多少は携帯料金の支払いが遅れても大丈夫」というのは安易な考えだと言えます。

3.携帯料金の滞納は早めに解消を!

上でも説明したように短期間の携帯料金の滞納のローンやクレジットカードの審査に悪影響を及ぼします。

もし携帯料金を滞納してしまった場合には、なるべく早めに滞納の解消をしたほうがいいです。

早めに解消すれば、その分だけ傷が浅くて済みます。

携帯料金を滞納していると早いところでは2週間、遅い場合でも1か月で、携帯やスマホの利用停止となります。

いざというときに使えなくなるのも困ると思うので、そういった意味でも早めに携帯料金を支払いましょう。

もし手元にお金がないという場合には即日融資可能のカードローンを利用するのも一つの手段です。

30日間無利息サービスがあるカードローンを選べば、早めに完済することで利息を払わなくても済みます。

デメリットもほとんどないので、一時的にお金を借りるのもありだと思いますよ。